2008/08/08/

UVPowerToolsとローポリスーパーテクニック

http://nitimode.seesaa.net/article/104167023.htmlの続き。

やっと、本が届きました。

UVPowerToolsが更新されています。

UVPowerTools置き場
http://space.geocities.jp/uvpowertools/

>08/08/07 UVPowerToolsに選択部記憶とファイル出力に記憶したUVでテクスチャを書き出す機能を追加

「選択部記憶」はローポリスーパーテクニックのP112〜P113のテクニックに使える。

「ファイル出力に記憶したUVでテクスチャを書き出す機能」
UVを選択してから「選択部記憶」で「記」
かつ、ペイントパネルの「編集」-「クリップボードへコピー」した状態で、「Memory UV Texture」にチェックを入れて出力すると、テクスチャも吐き出してくれます。

↑クリップボード関係なかったです。

あと、GIMP-Painterですが、Gペンツールが手ぶれ補正もついいてていい感じです。
ごちゃごちゃしたウィンドウについては仮想デスクトップWinDeskWideで対応。
GIMP専用のを一つ作りました。

■本の感想
UVの展開以降がすごく勉強になりました。

自分は、シェーダーをConstantにしてから、つなぎ目をスクリーンキャプチャ&焼きこみとか
オブジェクトを複製して、テクスチャを編集しやすい形に加工してからUVとテクスチャを編集して、モーフで元に戻すとかやってました。

どっちもあんまりうまくいかなかったんですよね。

---------------追記---------------
118 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2008/08/08(金) 11:36:05 ID:zNvW2q3c
記憶したときのUVの形状まで覚えてんのね。
記憶させた後自動展開でバラバラにしてから出力してみ。
ntnyさんの本のヴィネットで試してみたけど
使い方次第では面白いかも。


記憶したUVにテクスチャが追随した状態で出力してくれるようです。

uv2xyzプラグインの代わりに使えますね。
最新のベータ版ではUV編集にマグネットがつきましたし。
管理人 / 07:53 | C(0) | TB(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
サイトマップXML自動生成ツールを利用しています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。